言霊学習1

ウ 天之御中主神言霊学の歴史ア 高御産巣日神1 大昔 人の心の構造が解明された=アオウエイの50音言霊の原理だったワ 神産巣日神オ 天之常立神ヱ 豊雲野神ヲ 宇摩志阿斯  訶備比古遅神工 国之常立神チ 宇比地邇神イ 妹須比智邇神キ 角杙神ミ 妹活杙神シ 意富斗能地神リ 妹大斗乃弁神ヒ 於母陀琉神ニ 妹阿夜訶志古泥神イ 伊耶那岐神イ 伊耶那岐神イ 伊耶那岐神イ 伊耶那岐神ヰ 伊耶那美神ヰ 伊耶那美神ヰ 伊耶那美神ヰ 伊耶那美神子音子音子音子音子音子音子音子音2 聖(霊ヒ知ジリ)の集団が言霊の原理に基づいて日本語を作ったその国家体制は理想の精神文明だった。3 その時代は数千年続いた。神代という表現で世界に広がっていた。4 聖は物質文明が遅れている事に気付き物質文明の創造に着手した。精神文明の基礎である言霊の原理は期間を決めて封印した。物質文明は弱肉強食の競争社会でのみ急速に進歩するからだ。5 3000年間言霊の原理を封印する施策三種の神器を天皇の御座所から遠ざけた(同床共殿制度の廃止崇神天皇時代)6 3000年後に言霊の原理が復活できるように古事記 日本書紀が作られた。表面上は神話の形式になっている。しかし、中身はなぞなぞが多い。なぞなぞを解くと言霊の原理が浮かび上がった。神々に対する人の態度斎イツく五作るが語源五=ア感情オ経験知ウ欲望エ実践智イ意思の5つをよく理解して使い分ける事それは神に対する最高の態度。神である自身の態度でもある。拝オロガむ=愚か者がとる態度神の前で頭を下げてご利益を願う、誓いを立てる態イ生命の意思とエ実践智を使わなくなった日本人がその選択を神に頼る態度鈴の形人が口を開けて声を出す姿をかたどった物柏手2回の意味布斗麻邇フトマニの事フト=20の事 マニ=言霊の事カキクケコサシスセソタチツテトハヒフヘホの事濁点を付けられる20の言霊 これは50音の代表20音右手5本左手5本指をたたいて10、2回で20の事
122